とても不快な人がそばにいたら、その場を立ち去ればいいのですが

 身内などで距離を保てないような場合でも、考え方を工夫してみてください。

 そうです、舞台の登場人物だと感じる方法です。

 なるべく距離を保ったうえで、舞台の退場の筋書きを練りましょう。